まず自分の目で見る。話はそれからだ。 | ぐっちいのスポーツを読もう!
RSS | ATOM | SEARCH
まず自分の目で見る。話はそれからだ。
いよいよ、Jリーグ2008シーズンも開幕。
例年、期待と不安の入り交じる時期だけれど、淳さんと同様にブレない気持ちでやっていく意識を持たないとなあ、と思う今日この頃。
大切なのは、誰かの評価を気にするよりも、自分の目で見たものを正しく判断して次にどうするかを絶えず考えていくこと、じゃないかな。
プロの監督や選手はそういう作業を常に行っている。そういう域に到達するのは簡単なことじゃないけど、サポーターもそのつもりで、選手たちと一緒に1年間頑張っていきましょう。


おかげさまで父も元気になり、来週には退院できそうなメドが立ちました。ありがとうございます。
予定通り、20日にはワタクシも無事今季開幕を迎えられそうです(ナビ杯でしかも大宮戦というのが微妙だけど贅沢を言ってる場合ではない)。


さて。病院帰りに書店に立ち寄って見つけたスポーツ本が3冊。

監督に期待するな 早稲田ラグビー「フォロワーシップ」の勝利
監督に期待するな 早稲田ラグビー「フォロワーシップ」の勝利
中竹 竜二

大学ラグビー王者の早稲田を率いる中竹監督による、「ワセダ流」というより「中竹流」のチームマネージメントをまとめた本。
前任者の清宮監督も、中竹監督も、学生時代は早稲田のキャプテンを務めた選手だったが、その当時からイメージは対照的だった。強烈なカリスマ性で「有言実行」を地で行っていた清宮。どちらかといえば黒子的にチームをまとめ上げていた中竹。その個性は監督としてもしっかりと反映され、対照的な手法ながら、それぞれに強いチームを作り上げた。
ぜひ清宮監督の早稲田監督時代に書いた本と合わせ技で読んでほしい。

究極の勝利 ULTIMATE CRUSH 最強の組織とリーダーシップ論 (講談社+アルファ文庫 G 107-2)
究極の勝利 ULTIMATE CRUSH 最強の組織とリーダーシップ論 (講談社+アルファ文庫 G 107-2)
清宮 克幸

清宮本が「究極の勝利」。中竹本が「監督に期待するな」。

もう、タイトルにも2人の個性が現れてるなあ(笑)。


祖母力 うばぢから オシムが心酔した男の行動哲学
祖母力 うばぢから オシムが心酔した男の行動哲学
祖母井 秀隆

イビチャ・オシム監督の招聘に成功し、弱小チームだったジェフ千葉を強豪チームに育て上げた祖母井(うばがい)秀隆氏(現フランス・グルノーブルGM)が語る組織論・リーダー論。
先日のNHK「プロフェッショナル〜仕事の流儀〜」では、グルノーブルGMとしての仕事ぶり中心に紹介されていたけれど、この本では、祖母井氏の選手時代、ドイツ留学、オシム招聘を巡るエピソード、ジェフGMとしての仕事、そしてオシム監督の日本代表監督引き抜きや病に倒れたときの顛末などが語られている。
学生時代に大きな影響を受けた人物のひとりに、後にアルビ監督となるバルコム氏の名前が出てきて、思わず目を引いた。


「ダイヤモンドサッカー」の時代
「ダイヤモンドサッカー」の時代

世の中にBSもスカパーも存在していなかった時代。日本のサッカーファンが海外サッカーに触れることができる唯一のメディアが、テレビ東京(っていうよりこの場合は東京12チャンネルという方がしっくりきますね)で放送されていた伝説のサッカー番組「三菱ダイヤモンドサッカー」
サッカーファンだけでなく、選手、サッカージャーナリストに至るまで、これほど大きな影響を与えた番組は空前絶後ではないかと思えるほどの名番組なのだけれど、ワタクシも東京で見た記憶があるな、少しだけ。
「ダイヤモンドサッカー」の時代背景、名コンビだった金子勝彦アナと岡野俊一郎氏の対談、番組に影響を受けたという各界著名人のインタビューなどで構成。巻末には全放送記録付き。思えばずいぶんと贅沢な番組だったなー。日本サッカー史の読み物のひとつとしてオススメの一冊。
author:ぐっちい, category:
comments(5), trackbacks(1)
Comment
>来週には退院できそうなメドが立ちました。
それは何より、良かったですね。まだ寒い日が続きますので、気を付けてあげて下さい。

20日の参戦決定ですか?15日はもしかするとお仕事?今季はサポ日程が厳しそうなのですが、来場者増のためにも、万障お繰り合わせの上、ご参加ください。

ご紹介の本は…「ダイヤモンドサッカー」の時代しか読んでないので…駅南某書店で探してみます。

では、スワンで。
カズパパ, 2008/03/07 1:15 PM
>カズパパさん
15日は仕事です。だから「開幕2連勝フラグ」って書いたじゃないですかw
今季はどうしても観戦数が減ってしまいそうなのは仕方がないのですよ。もちろん行ける時は必ず行きますよん。
ぐっちい, 2008/03/07 5:44 PM
遅ればせながら退院メドおめでとうございます。私も昨年、親が厳しい手術をしたのですが、ほどほどに息抜き(状況により難しいかもしれませんが)が必要と思いますよ。私も毎日思い詰めて病院に通っていたらテンパってしまい通院も自分の仕事も駄目駄目になってしまいましたので。とりあえずぐっちぃさん自身もご自愛下さいませ。

明日早朝出発します。
今季シーズンもよろしくお願いいたします。
ゆき, 2008/03/07 10:24 PM
早期の退院予定との事、よかったですね。
一足早く始まった他チームの試合結果をテレビで見ながら、明日の試合をワクワクして待ってます。ぐっちいさんの言うように、まずは自分の選手達を信じて、戦いぶりをしっかり見届けましょう。 明日は居残り組ですが、吉報を待ってます。
今日は内藤の防衛戦、明日は高橋のマラソン…と、スポーツドップリの2日間です!
かーさん, 2008/03/09 12:53 AM
>ゆきさん
ありがとうございますー。無事退院しました。今シーズンも宜しくお願い致します。

>かーさん
いい結果が出なかった開幕戦でしたが、まだまだこれからです。
ぐっちい, 2008/03/13 6:05 PM









Trackback
url: http://gucchiebooks.jugem.jp/trackback/1113
サッカー・移籍について
ニュースで夏の移籍市場が開いたときの動きについて報道されてきました。気になることについて少し書きます。 ACミランがチェルシーのアンドリーシェフチェンコの復帰を望んでいることが報道されていました。僕もそれには賛成です。というのもシェフチェンコの魅力であ
Jリーグ・プレミア・ウイニングイレブン・サッカーブログ, 2008/03/07 4:55 PM