いつか、どこかで | ぐっちいのスポーツを読もう!
RSS | ATOM | SEARCH
いつか、どこかで
NEC_0616.jpg
アルビBCのプレーイング打撃コーチとして、2年間新潟で闘ってくれた「キャプテンネレー」こと、根鈴雄次さんの送別会。

1年以上ぶりの再会が、送別会とは。

真のプロ魂を持った根鈴さんを失うことは、BCリーグにとっても、アルビBCにとっても、あまりにも大きすぎる。これは断言してもいい。
チャレンジするべき時期に守りに入って、一番大切にするべき選手を守ろうとせず、こんな形でみすみす損失してしまうことの意味を理解できない球団は、どこへ向かおうとしているのだろう。話を聞けば聞くほど分からなくなる。


来年、新しい新潟県立球場で、根鈴さんのホームランが見たかった。

「必ず、BCリーグに戻ってきますよ」

という言葉、しかと胸に刻みましたよ。


ありがとう、キャプテンネレー。いい野球人生を。
最後に会えて、本当によかったです。

いつか、どこかで、また会いましょう。
author:ぐっちい, category:BCリーグ
comments(5), trackbacks(0)
Comment
根鈴さんの嬉しい言葉を教えてくれてありがとうございます!
信じていきます…いつか、ニイガタで!
ちょうど、テレビで Somedey♪を聴いたところでした。
歌声にあの頃の力強さはなかったけど、思いは強さを増していました。




追伸:藤井将雄投手の記事で、こちらのブログを勝手に紹介させていただきましたm(__)m
スピカ☆, 2008/10/18 12:18 AM
せっかく根鈴さんのプレーを日本で見れるようになったとよろこんでいたのに・・・。新潟でなくても良い!根鈴さんのプレーを日本で見ていたい!根鈴さんのような人を流出させるから、日本のプロの選手だってメジャーとかに流出してしまうんじゃないか!日本での独立リーグを成功させたいのなら、日本の野球界のみに身を寄せるのではなく、独立リーグを成り立たせているところに身を置いた人に耳を傾けたほうが良いのではないでしょうか?
根鈴さん、日本でプレーしてください!
がんばれ根鈴, 2008/10/18 10:19 AM
こんにちは。
昨日、ぐっちぃさんの隣に座らせていただきましたヤングでございます。
昨日はとても良い時間を過ごす事が出来ました。
ありがとうございました!

根鈴さんの熱い言葉、私も胸に刻みました。
ヤング, 2008/10/18 2:47 PM
はぁ〜根令選手よ何処へ行く…。ただただ残念です。同い年のプレーヤーとして応援してました。サインにいつも書いてくれる「侍」、まさにあなたは武士ですよ!あのスイングは刀切りのごとく鋭く、一直線のホームランは間違いなく「侍」です!なんで球団は切っちゃうんだぁ?よく一緒に見に行った奴は、根令が去る事でチームの魅力が半減すると言ってました。やっぱり顔的存在でしたよね〜。サポーターに譲った背番号「1」はずっとこれからも侍魂として残るでしょう。ありがとう根令選手!また帰ってきてくれよ!26日に会える機会がありますが、あ…見事に浦和戦と重なりましたね…。もうちょっとなんとかならなかったのでしょうか、球団さん…。
かずくん, 2008/10/18 10:12 PM
まったく、同感。
根鈴さんは、週一で長岡市民体育館のトレーニングルームに、よく顔を出していました。
また、ぜひ新潟に戻ってきてほしいです。
ねくすと, 2008/10/20 3:07 AM









Trackback
url: http://gucchiebooks.jugem.jp/trackback/1442