筑紫哲也さん | ぐっちいのスポーツを読もう!
RSS | ATOM | SEARCH
筑紫哲也さん
image.jpg
筑紫哲也さんが亡くなった。

筑紫さんと言えば、「NEWS23」よりも「朝日ジャーナル」。

このイメージは、少なくとも、80年代に学生時代を過ごした人とは、共有できると思う。

画像は、私が唯一、手元に残している「朝日ジャーナル」。87年、私が大学4年のときだ。

当時のジャーナル(学生の間ではそう呼ばれていた)では、大学のミニコミサークル(平たく言えば、学内誌を作っているサークル)の学生たちをアルバイトに雇い、学生に数ページを提供して、好きなことをさせていた。

ワタクシが所属していた明治大学のミニコミサークルからも、何人かが駆り出されていて、

「ラグビー早明戦へゴリラの着ぐるみ姿で応援に行く」

なんてアホ企画をやったりしていたのだ。

で、画像の号では、日本ラグビー史上に残る名勝負になった、あの「雪の早明戦」の国立競技場に、ゴリラの格好でやってきたサークルの後輩の姿が堂々と掲載されているw
(あの日は、大雪が12月第一日曜日の東京に降ってひたすら寒く、ゴリラ姿の後輩が「あったかいというより、むしろ暑い」とのたまうので、本気で着ぐるみをむしりとってやろうかと思ったほどである)

「編集会議で筑紫さんに『なんで、いつもそんなにカッコつけてるんですかあ』って聞いたら、『えー、そんなつもりはないんだけどなー』って言ってたよ」
などと言っていた先輩がいたほど、ざっくばらんで気さくだった筑紫さん。

心より御冥福をお祈りいたします。
author:ぐっちい, category:日々のこと
comments(0), trackbacks(1)
Comment









Trackback
url: http://gucchiebooks.jugem.jp/trackback/1473
筑紫哲也が率いた「朝日ジャーナル」黄金時代
20歳代前半にシェイクスピア全集を、二束三文で売り払ってからかしら。わたしは、ほとんど書籍は買わない。活字は大好き。本の匂いを嗅ぐだけで幸福感に浸るほうなのだが、どうせ安値で売るなら、最初から図書館で済まそうということになる。そんな次第で雑誌もほとんど
千恵子@行政書士, 2008/11/13 4:17 PM