つらつらと、オランダ戦 | ぐっちいのスポーツを読もう!
RSS | ATOM | SEARCH
つらつらと、オランダ戦
このチームは、チームになっている。
そう実感させてもらえたカメルーン戦に続いて、それをさらに実感させてもらえた試合だった。

「チームになる」というのは、当たり前のように思えて、実際、たやすいことではないことは、スポーツの現場、特に指導者の立場で関わっている人たちは、日常的に感じていることではないか、と想像しているし、素人が分かったようなことを書くべきじゃないことも分かっている。

でも、そういう意味で考えても、岡田監督という人は、チームマネジメントという点で卓越した能力を持っている人ではないだろうか。日本人監督としては、やはり最高峰にいると思う。

やっぱりね、食えない人だと思うんだよね、徹底したスカウティングを見ても。
相当、腹黒いと思うな、悪い意味じゃなく、ねw


ただ、このような世界大会になると、そこに「エゴイズム」の発露がなければ、上を目指すのは難しい。
出る杭は簡単に打たれてしまう日本の風土の中で、監督の意向を無視してでも、思ったよりも攻めて来ない相手に対して、攻めに転じようと試みる選手がいないのは、少し寂しい。
本田は、もっとやれたんじゃないかな。

もっと突出していいんだよ。もう、このチームは中村俊輔のチームじゃないんだし。



監督の意向と選手の動きに関しては、アルビの前半戦の戦いの中で気になっていた部分と共通するものなので、日本特有なのかもしれないけれど、それを突き破る個性と、それを容認する空気が今の日本には一番必要なのかなと、素人なりに思ったのだった。


日本は選手もベンチも頑張った。
ディフェンスは世界で通用することも分かった。

次のデンマーク戦では、さらに前へ行くサッカーを見せてほしい。

恐れることはない。それができるメンバーは揃っている。
author:ぐっちい, category:FIFA World Cup
comments(0), -
Comment