強くなるには時間がかかるのだ | ぐっちいのスポーツを読もう!
RSS | ATOM | SEARCH
強くなるには時間がかかるのだ
昨夜は雷鳴が轟く中、車を走らせていたら空から固形物が降ってきた。
うわー。いよいよ来たか。先日ネッツトヨタから届いた、スタッドレスタイヤ買い替えの案内ハガキを思い浮かべる。
やれやれ。今年はやたらと車関係でお金が飛ぶ。

家でサウジアラビア戦を見ようと思っていたのだけれど、帰宅すると居間のテレビは「ためしてガッテン」。夕食を食べたら部屋でサッカーを観ようと思っているうちに、画面は突然津波情報に切り替わり、それに見入っていたらサッカーのことなど忘れてしまった。
ウチの子が出場している年代別代表の試合を立て続けに見てしまうと、誰も選ばれていないA代表のプライオリティなんて、その程度になってしまうわけだ。

結果を見たら、3-1で日本が勝利。オシムジャパンのこれまでの国際試合の中ではかなり出来がよかったようで、オシム監督が手応えを感じているらしいことは、いつもの天の邪鬼なオシム節が復活している試合後のコメントを聞くだけでも、なんとなく分かった。

ちょうどアルビが連敗を繰り返していた頃、オシムジャパンも消化不良な試合が続いていた。目指すサッカーの方向性と抱えている課題がよく似ていることから、壁を乗り越えるのはアルビが先か、オシムジャパンが先か、などという話を某氏としていたものだったが、ここにきて、アルビもひと壁乗り越えた感があり、オシムジャパンもやっと納得のいく試合がひとつできたようだ。

試合後の記者会見で、「巻を今後も起用するのか」という質問に対して、オシム監督の答えはこうだった。

「攻撃は最大の防御である。逆に、最大の防御は攻撃の中にある。巻はその点で実践している。つまり、攻撃の先頭の選手でありながらディフェンスもする。攻撃の能力という点で問題がないわけではない。しかし巻が果たす役割は、汚れ役だ。大事な役割を果たしていることを忘れてならない。相手のゴールとハーフウエーラインの間を走り回り、時にはスライディングタックルまでする。そういうFWがほかにいるだろうか? エネルギーを使っているし、非常に消耗するわけだ。消耗する中で、ボールをもらったときに、もっと集中力があれば、もっといいパフォーマンスができるだろう。」

翻って、我がアルビ。恐らく、淳さんが貴章のことについて似たような質問受けたら、オシムたんと同じことを言うんじゃないかな、なんてことを思ったりした。優れた指導者は、目立たないところでも体を張れる選手のことを、ちゃんと見ている。


貴章といえば、今週のサカダイに4ページにわたってインタビューが掲載されている。
「(新潟は)思っていたより、いいとこですよ」
など、ツッコミどころは数々あるのだが、サッカーに対する考え方や、自分自身のプレーについて、新潟に対する気持ちなど、なかなか好感が持てる内容なので、ぜひご覧あれ。

この中で、一番ウケたのは、「最近、悲しかったことは?」という質問に対する答え。



「ポストカードのスペルを間違えた」



やっぱりそうだったんか… (;´д⊂)


(何のこっちゃ、という方は、セレッソ戦のときにでもぜひ「選手のメッセージ&サイン入りポストカード」¥500を買ってくださいな)
author:ぐっちい, category:サッカー
comments(3), trackbacks(0)
Comment
う〜参戦できないから買えない・・・から分らない・・・「白鳥」と「鶴」レベルの間違いかぁ??後でプレミアもんになるんかなぁ〜
東京親爺, 2006/11/16 11:42 AM
う〜む、いよいよ降ってきましたか。
こちらは昨日なんか車の窓を開けてたというのに(汗)
パルのすけ, 2006/11/16 12:03 PM
昨日の御大のコメントでツボに嵌ったのが、

>そうそう、よい点についていうの忘れてた、一番よかったのは、次の試合のPKキッカーが誰でないか、ということ(笑)。それは大きな収穫だったと思う。

>そういう見えない、分かりにくいことについて、もっと分析した記事を(メディアの)皆さんが書いてくだされば、もっとサッカーへの理解は深まると思う。

さすがです。
ぽん@会社, 2006/11/16 12:53 PM









Trackback
url: http://gucchiebooks.jugem.jp/trackback/206