夜桜の中、ルヴァンカップ | ぐっちいのスポーツを読もう!
RSS | ATOM | SEARCH
夜桜の中、ルヴァンカップ


本当は鳥栖戦のことを先に書くべきところなのだけれど、何しろちゃんと見ていないので、推測でしか書けない。
それだったら、潔くスルーしよう、そうしようw



 



というわけで、話は飛んで、ルヴァンカップ広島戦。



 



毎年、桜が開花した頃にカップ戦の平日ナイトゲームが開催されるのが楽しみで、今年も「夜桜サッカー」がやってきた。



 



18時過ぎに仕事を終えて、通勤ラッシュ時間帯のバイパスを避けて、新潟空港ICから日東道に入る。そうすると渋滞にはまらず、18時半頃に会社を出ても19時キックオフにぎりぎり間に合うのだ。



 



平日のカップ戦は夕食難民になることが多いので、昼休みに会社近くの美味しいパン屋さんでサンドイッチを買っておいた。これで夕食の心配もないぞw



 



スタメンメールで巧のプロ初スタメンを知り、これはしっかりと見届けなきゃなぁと思った。今年から、ルヴァンカップはスタメンに必ず1人は21歳以下の選手を入れるという規定ができていて、第1節はその役目は輝綺だったのだが、この日は巧。まさにチャンスだから、頑張れですよ、これは。U-18時代には天皇杯で出場を経験しているのだから、落ち着いて自分の持ち味を出してほしい。



 



で、試合は結果的には0-1の敗戦だったわけだけれど、見どころがいろいろあった。
カズとマサル以外は、リーグ戦であまり試合に絡めていない、あるいはほとんどベンチにも入っていない選手が主体のスタメンで、どれだけアピールできるか、チームの底上げのために力になれる選手は誰か、という見極めが大切な試合だった。
見ていて、自分のストロングポイントをしっかりと出そうという意識が特に高かったのは、豪、ゴメス、巧だった気がする。



 



豪の良さは、ボールを持ったらとにかく前を向く、という意識の高さ。あいだ、あいだでボールを受けてはどんどん攻撃に絡んでいく。放ったシュート本数も多くて、1本でも入っていればなぁ、という感じではあったが、相手が嫌なところに入っていける嗅覚は、さすがだと思った。



 



ゴメスは、自分より大きいトイメンの選手相手に臆することなく、とにかく仕掛けていくし、守備でも体を張っていた。1本いいクロスがあったかな。
左SBはスペシャリストである前野が負傷離脱中であり、急造で仕立てている状況なので、ゴメスが出てくるかどうかはチームにとっては大きいのだ。頑張ってほしいんだよなぁ。



 



巧は、積極性が目立ち、オーバーラップやクロスを何度も見せていた。自分の持ち味をどんどん出そうという意識はとてもよかった。ディフェンスでも、簡単に飛び込まず、我慢強く対応していたのが印象に残った。デビュー戦としてはまずまずだったんじゃないだろうか。



 



この試合では、攻撃面での改善が見られ、縦パスを入れるタイミングもよくなっていたし、いい繋ぎがたくさんあった。チャンスの数は広島よりもかなり多かったはずで、それだけに、ラストの精度が課題になる。そして、ピッチの幅を目いっぱい使う意識がほしいし、もっと攻撃に関与する選手が増えれば、もっともっとよくなるんじゃないだろうか。



 



そして、やはりこの試合でも課題になったのはディフェンス。ペナ内に入り込まれた時、あるいはバイタルエリアでも、人数が揃っているのに簡単にやられすぎる。ボールばかり見ていて、人を見ていない。
最後の最後で体を張らなければ、いつまでたっても失点は減らないだろう。意識ひとつでガラッと変わると思うのだけれどなぁ。
確かに、失点シーンは攻撃に出た豪が開けた穴を突かれてしまったのが発端だけれど、カバーできなかっただろうか。もっと、チーム全体でチャレンジ&カバーの意識を共通で持ってほしいなぁ。
とにかく、人任せにせず、責任感あるプレーをすることが大切。



 



試合ごとに良くなっているのは主に攻撃の部分で、これはもっと磨いていってほしいと思う。ディフェンスは、本当に一人ひとりの意識の問題であったり、受け渡しの問題であったりするのだろうけれど、これが良くなれば、チームは随分楽になる。




まだまだ、高めていかなければならないもの、改善しなければいけないものはたくさんある。
でも、可能性を信じてやっていくしかないのだ。やろうとしている方向性が間違っているとは思わない。
ブレずに、しっかり歩んでいこう。




ところで余談だけれど、この試合の第4の審判が田中玲匡さん。ついに、アトムのお兄さんがビッグスワンで試合を担当をしたのだった。
おかげで、選手交代とかアディショナルタイムの表示とか、ついついレオくんを凝視してしまったではないかw


author:ぐっちい, category:アルビレックス
comments(0), -
Comment