時計の針を戻したい | ぐっちいのスポーツを読もう!
RSS | ATOM | SEARCH
時計の針を戻したい

9月9日、土曜日、サンフレッチェ広島戦。

 

裏天王山とも言われる、18位vs17位の対戦ということで、試合前には選手バスの入り待ちや、Negiccoのトークショー&ステージなども企画されていた。

 

入り待ちには4,000人以上集まり、5年前の最終節を上回る人数だったとのこと。とにかく選手たちに思いを届けたい、励ましたいという思い一つで集まったサポーターばかりだった。
バスの窓越しに見える選手たちの表情を見ていたけれど、みんな、しっかりと目に焼き付けていたようだった。

 

 

 

試合前、慶のJ1出場100試合のセレモニーがあり、慶のお兄さんと弟さんがプレゼンターとして登場。弟さんなんて、慶とそっくりだよねw
慶の実家「春の湯」のブログによると、ご両親もスタジアムに来ていたらしい。これは、家族の前でカッコイイところを見せないといかんね、慶は。


この日の注目は、離脱中のガリャに代わってトップ下の位置に入った小川佳純だったと思う。試合前の各メディアのプレビューでは、ガリャの不在を大きなマイナスとする向きが多かったけれど、いわきFC戦を見た印象では、むしろガリャよりも佳純が入った方がチームがスムーズに流れるんじゃないかと思っていた。

で、スタメンはこんな感じ。

 

 

     タンキ

 

ギュン   佳純   ホニ

 

    マサル イソ

 

ゴメス 大武 カンペー 慶

 

     大谷

 

 

いわきFC戦で受けた印象そのままに、佳純が気の利いたポジショニングでいい距離感を作り出すので、他の選手達がやりやすそうだった。そこが、ポジショニングがアバウトなガリャとの大きな違い。マサルやイソは相当助けられたんじゃないだろうか。佳純がひとり入るだけで、これだけ変わるものなのか。ここまで影響力のある選手を得たことは、新潟にとって武器としなければいけないね。

そして、家族を前に気合が入っていたのであろう慶が、どんどん前へ行く。こんなに攻撃的な慶を見るのは久しぶりだった。ドリブルで持ち上がってシュートまで行ったシーンは、慶らしさが出ていたと思う。

 

だからこそ、勝ちたかったし、勝てた試合だった。

広島はいつの間にか、怖さのないチームになってしまった。パトリックの一発は怖かったけれど、ほぼそれだけ。塩谷が海外移籍した穴が埋まっていないという印象で、両サイドに威力がなくなったなぁという感じ。やはり、17位という順位は妥当なのだな。

そういうチーム相手に、猛攻を仕掛けながら得点できなかったことは、このチームに最後の最後までつきまとう課題なのか。

(終盤、タンキの惜しいシュートも、いろいろな映像や画像を見る限りでは、ボールがラインの端っこにかかっているのが確認できたので、残念だけれどノーゴール判定で妥当だと思う)

 

それでも、佳純が入ったことで、ようやくチームがチームとして機能し始めた。そこに可能性を感じるし、期待したい。

惜しむらくは、これがもっと早く、せめて仙台戦でリードしている間にガリャを佳純に替えてくれていればと思ってしまうし、さらに言うなら、このメンバーでリーグ戦開幕を迎えたかった。

時計の針が戻せたら、どんなにいいだろう。「たられば」から何も生まれないことは分かっているけれど、どうしてもそう考えてしまうのだ。

 

サポーターの入り待ちに対して、選手たちは感謝の言葉を口にしていた。

まだ何も決まっていないし、可能性が失われたわけではない。ただひとつ、最後の最後までベストの限りを尽くす。

それが、今季はもちろんだけれど、来季以降の新潟にとっても、本当に大切なことだと思っている。

全ては未来につながっている。

 

 

author:ぐっちい, category:アルビレックス
comments(0), -
Comment