パーテーションの向こう側には | ぐっちいのスポーツを読もう!
RSS | ATOM | SEARCH
パーテーションの向こう側には

11月4日、土曜日。

3週間に及ぶリーグ戦中断期間の1週目。

この中断期間中に聖籠には必ず行こうと思っていたのだが、よくよくスケジュールを確認したら、行けそうなのはこの日しかなかったので、あいにくの雨模様だったものの、意を決して出かけた。

 

J3の福島ユナイテッドFCとのトレーニングゲーム。

Bピッチでは鳥栖戦のスタメン組がトレーニングをしていて、Aピッチで試合前のウォーミングアップをしているのはサブ組だった。

広報の井伊さんが、

「今日の練習試合は30分3本で行いまーす」

と見学者にふれて回る。

 

 

 

試合は、鳥栖戦スタメン組はお休みで、サブメンバーのみの出場。3本目にはU-18の至恩くんと岡本くんも出場した。

 

途中で風雨が強くなったりする悪コンディションの中、選手たちにとっては貴重なアピールの場だったわけだが、一番目についたのは前野。積極的に左サイドを上がり、精度の高いクロスやCKを披露していた。

間違いなく実力者なんだけれど、ゴメスの急成長の影でベンチ入りもままならない状況が続く。それでも、プレーにそれを微塵も感じさせないあたりが、さすがまえのんだなぁと思うのだった。

常に「いい準備」を怠っていない選手は、プレーにはっきりと出る。

 

 

 

試合終了後、あまりにも寒かったのと、ランチタイムでもあったので、オレンジカフェでバイキングランチを。

 

すると、隣の選手スペースから、賑やかな声が複数聞こえてきた。

あの声は誰かな?と思いながら、何気なくInstagramをチェックしたら、佳純が画像をUPしていた。

 

※右上の時刻はリアルタイムなものではありません。

 

あららららららw

 

あ〜、今聞こえてくる声の主たちは佳純、輝綺、カワ、尚紀、ノリ、大武ね。そうですかそうですか。

一般スペースと選手スペースを分けるパーテーションの向こう側を、リアルタイムにInstagramで覗けるとはw

佳純さん、ありがとうw

 

 

 

ところで、本日公式発表された、来季の新ユニ。

 

ん?なんか既視感があるなこのデザイン、と思ったら、長崎のユニがこんな感じだった頃なかったっけ?

でも、ブルーの色味が本来のブルーに戻ったのはよかったな。

 

例年なら年明けの激励会で発表のところ、かなりの前倒しなところに、クラブが来季を見据えた動きを本格化していることを感じさせる。

しかも、今回はシーズンパスとのセット割引販売があるとのこと。

降格がまだ決まったわけではなく、選手の去就が確定しているわけでもない段階でのこの募集は、よっぽどのことだなぁと思う。

選手の引き止めのために、来季が少しでも早くイメージできるようにしたいのと、資金的なこともあるだろうか。

いずれにしても、来季もシーパスは買うし、買う席種もE2自由席から変更する予定もないので、このままセット割引販売申し込もうかな。

(ユニの選手番号は、確定してから改めて申し込めるそうなので安心ですね)

 

筑波大の戸嶋くんの来季新加入も発表されたし、いろいろと動き出した感のある今日このごろ。

まずは来週の甲府戦に必勝だ。

author:ぐっちい, category:アルビレックス
comments(0), -
Comment