2018年へ | ぐっちいのスポーツを読もう!
RSS | ATOM | SEARCH
2018年へ


2017年も今日で終わり。忙しい年の瀬に、皆様いかがお過ごしでしょうか。

クラブも来季のチーム編成の真っ最中。
残る選手、出て行く選手、新たに入ってくれる選手。毎年のことながら、様々です。

今オフの強化部の動きで特徴的なのは、選手の取捨選択が非常にはっきりしているということ。
特にレンタル組に出していた選手の処遇が、残したい、無理に残さないなど、明確に分かれている気がします。
契約年数の問題もあるでしょうが、続々とレンタルバックさせていたここ数年とは大きく違います。

新潟で強い気持ちで戦える選手だけを残す、というイメージ。
さらに、センターラインはしっかり残しているのは、2017年シーズンの反省に基づいているのかと思います。

最終的な顔ぶれがどうなるのか、マサさんアルビのスタートが楽しみです。



そういえば、今月、小針の某所で勲の引退パーティーがあり、参加しました。
勲ファミリーと黒さんファミリー、そして選手4人が出席し、くい坊常連のサポーターとの和気あいあいとしたパーティーとなりました。

勲には取材に協力してもらったこともありましたし、本当に感謝しています。
勲と昔話になり、アルビレッジができる前、練習場を転々としていた時代の話が面白かったな。
小針浜トレーニングでは、

「若手は乾いた砂を走るのに、要領のいいベテランは、湿って締まった砂を選んではしるんですよー」

とのことw
そんな時代を知る選手がいなくなってしまうことは寂しいですが、同席した選手たちが引き継いで行ってくれることを期待しています。


来季が素晴らしいシーズンになるように、選手たちとともに、ベストを尽くしたいと思います。

それでは皆様、来年、またビッグスワンでお会いしましょう。

author:ぐっちい, category:アルビレックス
comments(0), -
Comment