まだまだまだまだ足りない | ぐっちいのスポーツを読もう!
RSS | ATOM | SEARCH
まだまだまだまだ足りない

実を言うと、栃木戦のことをブログに書く前に、新潟日報のWEBサイトに連載しているサポーターコラムの出番がやってきてしまった。というわけで、栃木戦についてはそちらに書いたのだ。

つまり、ブログはサボって、そちらの方を見ていただこうという魂胆なんである。

 

「今季初の連勝!でも、まだまだ足りない」アルビレックスサポーターコラム「ハピだね」|新潟日報モア

 

有料サイトだけど、新潟日報ご購読の方は無料で会員登録できるので、なにとぞ!

 

このコラムは3人で担当しているので、次の出番は9月末。ちょうどラグビーW杯開幕の時期で、私も味スタへ観戦しに行くタイミングなので、脳内が半分以上ラグビーに占められているのは間違いない。アルビのチーム状況にもよるけど、どんなコラムが書けるのか、若干不安を感じるのだがw い、いや、ちゃんとアルビの話が書けるように頑張りますw

 

で、金沢戦は、父の三回忌法要と被ったので現地へは行けず、DAZN観戦となった。

画面の向こうは、雨の金沢。

 

立ち上がりは悪くなかった…と思うのだ。チャンスを多く作っていたのは新潟の方だった。

ただ、金沢の右SBに入った巧に、トイメンのゴメスが押し込まれ、岐阜戦や栃木戦のようなゲームメイクができない。さらに、ユースの先輩である新太もチンチンにされた。サチローにもキツめのマークがつく。ヤンツーさん的には、まず2連勝のキーマンになっていたゴメスとサチローを動けなくしてしまえば、新潟の戦闘力は相当削れる、という計算があっただろうし、そういう意味でも前半からヤンツーさんの目論見通りに試合は進んでいたということなんだろう。

ウチとしても、ゴメス、サチロー、善朗に徹底マークが付くことは分かっていたはずで、その対策はどう考えていたのだろう。試合ではよく見えてこなかった。

 

それにしても、去年は金沢にウチからキワラがレンタルで行っていたけれど新潟戦には出場できない契約にしていたのに、今年の巧は出場自由にしてしまったのが、結果的にマイナスに出たなぁ。なんで巧は自由にしたんだろうな。巧の力、負けん気の強さを甘く見てたんじゃないだろうか。

 

後半は、立ち上がりから金沢がペースを握っていた。でも、失点シーンを見る限り、相も変わらず同じ形での失点ばかりだ。

個人能力に頼るばかりで決定力に難がある前線の動き、最終ラインが咄嗟の事態に対応できず、あっさりとボールウォッチャーになってしまうこと。なにより、チームとしての約束事がなく、個人の判断に委ねられていることを、ヤンツーさんはお見通し。要所のキーマンたちに対応できれば大概のことは大丈夫だと見透かされていることが悔しかった。

判断力や技術力が確かな凌磨と新井くんがベンチスタートで、凌磨が新太に代わってピッチに入ったのが試合終了間際だったという現実を、どう捉えたらいいのだろう。

 

吉永さんは、個人の力を自由に発揮させることはできても、チームとしての約束事を構築するまでには至っていない。吉永体制になって善朗はイキイキして始めたが、逆に凌磨や新井くんのように使われなくなった選手もいるのも気になる。シンガポールリーグでは最優秀監督に選ばれた人だけれど、個人能力の違いで何とかなったアルビシンガポールとは違う、ということが明確になっただけのことだと、個人的には感じている。それはひとえに経験不足であって、吉永さん個人の責任ではないと思う。

 

まだ時間はある。でも、失われたものを取り戻すための時間は充分ではない。

これから夏の移籍シーズンを迎えるにあたって、新潟は今は引き抜かれる立場なのだということも含めて。凌磨、善朗、サチロー、新井くんのプロテクトは万全だろうか。

 

次の鹿児島戦も、アウェイが続く。その次はホームで。

正念場は、まだまだ序の口なんだよ。

 

 

【追記】

昨シーズン、新潟に所属したFWターレスが、リオでのバイク事故で亡くなったというニュースが、金沢戦直後にありました。

元年代別セレソンだけれど、問題児という評判での来日でしたが、全くそんなことはなく、むしろ真面目な好青年、という印象でした。

計り知れないポテンシャルをもて余しているようなイメージで、Jリーグに慣れれば得点も増えそうな感じがあっただけに、1シーズン限りだったのは、本当に残念でした。

現所属チームの監督は、元鹿島のジョルジーニョ。ターレスの能力を高く買っていただけに、ターレスの死を深く悲しんでいるとのこと。

新潟の選手たちもSNSで悲しみを表明しています。貴章と新太のエントリーは涙なくしては読めません。

サポーターの一人として、ターレスの勇姿は忘れません。どうか、安らかに。

author:ぐっちい, category:アルビレックス
comments(0), -
Comment