戻ってきたふたり | ぐっちいのスポーツを読もう!
RSS | ATOM | SEARCH
戻ってきたふたり

 

ホーム岡山戦、0-3。

 

山形戦の負け方を観て、山形同様、相手を見たサッカーをしてくる岡山戦でどうなるかは重要だなと思っていた。

それだけに、同じような試合展開になってしまったのは、とにかく残念だった。

 

相手に対策されると打開できない。

フランシスと高木善朗、両SBをケアしておけば、新潟は攻撃が停滞する。

 

それをそっくりやられてしまった。フランシスに対する椋原のディフェンスは、お手本みたいな感じだった。

 

マイコーが川崎から2年半ぶりに戻ってきて、史哉が3年ちょっとぶりにベンチ復帰した、メモリアル的な試合だっただけに勝ちたかったけれど、そんな甘いもんやないんじゃー!と、岡山さんに現実を突きつけられた気分なのだ。

 

マイコーを使うために、大幅なポジションチェンジが行われた最終ラインは、結果的には全員がCB、みたいなことになり、特に公式戦でほとんどやったことがない右SBに入った將成は標的にされた。ハーフタイムでマイコーとポジションチェンジしたものの、CBに入ってからもピリッとしなかったのは、狂ったリズムを元に戻せなかったからなんだろう。將成にとっては、少々高い授業料になったかもしれない。

個人的には、マイコーと將成のCBコンビが見たかった。

 

攻守ともにやりたいことを全くやらせてもらえず、なすすべがなかった90分だったようにしか見えなかったけれど、マイコーが責任感に満ちたコメントを残しているあたりに、川崎への移籍はムダじゃなかったんだなと、マイコーなりの成長を感じることができたのは収穫だった。

 

そして、史哉のベンチ入り。

試合の翌日、史哉に「ベンチ復帰おめでとうございます」とメールを送ったら、

 

「まだスタートラインには立っていないので、引き続きやり続けたいと思います!」

 

という返信があった。

 

ああ、私はベンチ入りを「やっとスタートラインに立てたんだなぁ」と思っていたけれど、そうじゃなかった。

史哉にとって、ベンチ入りはスタートラインの手前、なのだと。

スタメンに入って、チームの勝利に貢献してからがスタートだと、本人は思ってるのかもしれない。

もっとシビアに突き詰めていかないと、目標には到達できないことを、史哉は誰よりも知っている。

そんな選手がいてくれること、チームをシビアに導こうと心に決めた選手が戻ってきてくれたこと。そのたぐいまれな幸運を大切にしなければ。

author:ぐっちい, category:アルビレックス
comments(0), -
Comment