史哉の復活 | ぐっちいのスポーツを読もう!
RSS | ATOM | SEARCH
史哉の復活

 

鹿児島戦は親戚の葬儀で千葉へ行っていて、スワンへは行けなかった。

スタメンを知ったのも、葬儀が終わったあとのおとき振る舞いの席だった。

 

友人からLINEが届いていて、そこで史哉のスタメンを知ったのだった。

 

ああ、ついにこの時がやって来た。それなのに、スワンにいないなんて、我ながら何という間の悪さか。

 

初めてベンチ入りした時、お祝いのメッセージを送ったら、

 

「まだスタートラインに立ててないので」

 

という返事が来た。史哉にとっては、ベンチ入りがスタートラインではなく、試合に出てようやくスタートなのだと思っている。周りが勝手に浮かれちゃいけないのだと、ちょっと反省した。

だから、本当にスタートが切れたことは、心から喜びたい。

 

スタメンで出ただけでなく、フル出場。これは大いに自信になったに違いない。クレバーで状況を的確に読むプレーぶりは変わっていなかった。

 

次はスタメンを継続すること。競争相手は新井直人だ。右SBで出場を目指しているのは他にもいるのだから、これからまた厳しい競争を勝ち抜かなければならない。

厳しく苦しいだろうけど、これほど幸せなこともないだろう。プロサッカー選手として。

 

翌日、小針浜へ夕焼けを撮りに行った。

そういえば、史哉が入院していた頃、小針浜の夕日を撮影してメールで送ったなぁ。あの時は、

「早く戻ってきて欲しい」

という思いだったけれど、同じ風景でも、随分違って見える。

 

ようやくチームとしての一体感が出てきたように見えるチームの歩み(マイコーの存在がかなりいい作用をもたらしていると感じている)と、史哉の本格的なリスタートが、これからさらにいい流れになっていくように。

プレーオフ圏内を目指して、走り続けていかなければ。

 

author:ぐっちい, category:アルビレックス
comments(0), -
Comment