岡島もよろしく | ぐっちいのスポーツを読もう!
RSS | ATOM | SEARCH
岡島もよろしく
朝もはよからNHKは、松坂のオープン戦初登板の生中継で大騒ぎ。

まあ、気持ちは分からんでもないが、大学生相手に投げるだけで騒いでたら息切れするんじゃないのかねぇ。と思いつつ、立ち上がりのピッチングを拝見してから家を出た。
先頭バッターにいきなり初球のストレートをツーベース打たれてたけど、その後は無難に抑えていたようで、まずまずだったんではないかと。これからどんどん調子を上げていくだろうし、今年はかなりやれるんじゃないだろうか。

で、同じくレッドソックスに今年から入った岡島が、一足早くオープン戦に登板して、いい出来だったとのこと。
ここまでのメディアの岡島の扱いといえば「メジャーに挑戦している日本人投手」というよりは、「松坂のキャッチボール相手」
そんな、凱旋門賞挑戦のディープインパクトに調教パートナーとして帯同した馬じゃあるまいし、ちゃんと日本人メジャーリーガーの一人として扱わんかい、と常々思っていたので、うれしそうにインタビューを受ける岡島の顔を見て、何だかこっちまでうれしくなったのだ。
ぜひとも、メディアの目が松坂に集まっているスキにどんどん活躍して、あの、顔をアサッテの方向に向けて投げるピッチングフォームがメジャーで注目されるようになっていただきたい。楽しみにしてるよ、岡島クン。

メジャーリーグのオープン戦が始まって田口壮の日記も再開したし、日本もプロ野球のオープン戦花盛りだし、今日からJリーグ開幕だし、スポーツの暦もすっかり春だ。
author:ぐっちい, category:野球
comments(1), trackbacks(1)
Comment
いよいよですね!
あと1時間ですよ、い・ち・じ・か・ん。
もう、TVの前でスタンバってます。
いちろく, 2007/03/03 1:01 PM









Trackback
url: http://gucchiebooks.jugem.jp/trackback/425
桑田のデビューは“ドラマチック”=米紙
米大リーグ、パイレーツの桑田真澄が4日(現地時間)、レッズとのオープン戦で1イニングを無失点に抑える好投を見せたが、38歳の“オールドルーキー”の初登板は地元紙でも大きく取り上げられた。 ピッツバーグ地元紙『ピッツバーグ・ポストガゼット』は5日、レッズ
スーパーサイヤ人, 2007/03/07 9:00 PM