彼らの現在地 | ぐっちいのスポーツを読もう!
RSS | ATOM | SEARCH
彼らの現在地
試合後いつ以来なのかも分からないほど久しぶりの鳥屋野球場は、風が強かった。

我が社の筋金入り野球オヤジWさんと一緒に、内野指定で観戦。高熱でふらふらになりながら精力的に働くテツ隊長(死なない程度にホドホドにひとつ)と話をしたりしながら試合を観た。

前回の開幕戦は試合開始が遅れたのとサッカーとのハシゴであったこともあり、少ししか観られなかったけれど、ようやくじっくり観ることができた。そうなると、前回は分からなかったことが、いろいろと見えてくるものだ。

今の北信越BCリーグは、元も子もない言い方であることを恐れずに言うならば、プロ野球というよりはアマチュアに毛が生えた程度、というのが現時点でのレベルだと思っている。
NPBに近いレベルを求めるのなら、前日神宮で観た東京六大学の方が、選手の基礎技術も体つきもはるかにプロらしいし、打球の速さも投手の投球術も、NPBにかなり近い(全国から一定以上のレベルの選手が集まったプロ予備軍なのだから、当たり前と言えば当たり前だが)。

でも、今はまだそれで仕方がない、と思う。

根鈴さんが主人公のノンフィクション「月給12万のヒーロー」の一節にもあったが、独立リーグでプレーするような選手は、どこか自分に対する甘さがあり、才能はあっても自分を追い込むことができずに上に行けない者が多い、という。
実際、新潟の選手も石川の選手も下半身が華奢な選手が多く、走り込みや基礎トレーニングといった過去からの積み重ねが足りないような印象を受ける。(ハッキリ言って、根鈴さんは別格過ぎる)

例えば、新潟の先発の宮本投手は、とても威力があるいいストレートを投げるが、制球力がなく、いい球が2球続かない。ランナーを出すと押さえが利かなくなり四球を連発してしまうのは、下半身の弱さから来るんだろうなあ、ということが、その体つきからも容易に想像がついた。
もっと下半身がしっかりすれば、あれだけのストレートを持っているのだから、もっと上のカテゴリーで投げられるだろうにと思うと、とてももったいない気がする。
逆に言えば、これから下半身強化トレーニングに取り組めば、もっといい投手になれる、ということ。伸び代はいくらでもあるのだ。

4番DHの小西選手は残念ながらノーヒットだったけれど、もともと慶応で3番を打っていた選手でもあり、打席に立つ姿やボールの見逃し方にも好打者の雰囲気がある。これは教えられて身につくものではなく、彼が持っているセンスや才能によるものだろうし、ツボにはまれば、かなりいいバッティングをしそうな感じだ(根鈴さんもその打撃センスは絶賛していた)。
しかし、DHをやっていることでも分かるように、彼には「守れない」という最大の弱点がある。DH制ではない大学野球ではどこを守っていたのか分からないが、その弱点さえなければ…と思わずにはいられない。

宮本投手や小西選手に限らず、どの選手もどこか光るものを持っているのは見えるのだけれど、少しずつ足りないものがある。その「足りないもの」が、今、彼らが「ここ」にいる要因になっているように思えるのだ。

それを自覚して自分を追い込んでいける選手が伸びていくのだろうし、そういう選手にはきっと、次のステージへの挑戦権が与えられるはずだ。

そんな中、一際目立っていた選手がいた。石川のショートを守っていた内村選手。
体は小さいが、下半身がしっかりしていてキビキビとした動き。イレギュラーバウンドしたゴロも難なくさばき、基本プレーがしっかりしている選手だった。
テツ隊長によれば、去年まで社会人野球のJFE西日本でプレーしていた選手で、出場機会を求めて北信越リーグに入り、石川の金森監督は、
「何とかして、1年で上のカテゴリーに上げたい」
と言っているほどの期待の選手なのだそうだ。
素晴らしい守備に比べてやや非力な打撃が向上すれば、かなりいいところまで行けるかもしれない。

新潟にも、シートノックで強肩っぷりを披露し、試合でもうまい打ち方でタイムリー二塁打を放った小野選手など、可能性のありそうな選手は複数いる。
あとは本人たちがどれだけ、自分自身の野球人生のために頑張れるか、だ。

そして、そんな選手たちの成長過程を見届けていくつもりで球場へ足を運ぶのも、北信越BCリーグの魅力的な楽しみ方のひとつ、ではないだろうか。
author:ぐっちい, category:BCリーグ
comments(10), trackbacks(0)
Comment
ぐっちいさんも来てたんですね。私は丁度試合が始まった頃内野自由席(アルビ側)で見てました。(アルビBBの始球式見損ねた:涙)

風が強くて舞って来る砂に耐え切れなくなり途中で石川側に移動しましたけど、選手もやりずらそうでしたね。

正直昨日の試合はアルビの自滅。四球・エラーの後のタイムリーで労せず石川は点を重ねていた。一方の新潟は相手ピッチャーの投球に合わせて凡打ばかり。もっとボールを見るとか、ボックスから離れて相手のペースを乱すとか工夫が欲しかったです。

まだまだ延びしろがあるとは言え、昨日の試合はちょっとお粗末としか言えないかな?期待の頓所くんは、まだ大人の変化球に対応出来ていないから、これからもっと練習すべし!!

今度はご一緒に見ましょうね(はぁと)
にいがみ, 2007/05/14 11:48 AM
おおっと、観に行ってたんですねぇ〜〜。
砂に耐えられなくなって石川寄りに移動したのも同じですわ。意外と近いところにいたりしてー。
今の新潟のレベルはあんなもんでしょう。イージーなエラーをするのも練習が足りない証拠。まだまだ全てがこれからです。可能性を感じる選手はいるので、目一杯野球に打ち込んで、成長してほしい。
ぜひぜひ、今度はご一緒に!
ぐっちい, 2007/05/14 2:07 PM
 他のアルビ系列と違って。母体もなく
ゼロ、いやマイナスからのスタートかもしれない野球アルビ。
これぐらいの苦難はサッカーでもはや慣れっこ(笑)なんでもうちょっと長い目で見ようと思う。
 でもって6月2日、なんか大地元の広神で
一戦あるそうなんで見に行こうかなと
デル, 2007/05/14 6:24 PM
>デルさん
もうちょっと、というより、今年1年はぜひ長い目でw
野球アルビはサッカーと違って小回りが利くので、県内各地で試合ができるのがいいところ。ぜひ観に行ってください〜。
ぐっちい, 2007/05/14 7:25 PM
開幕前のオープン戦の結果から苦戦は予想していましたが
正直ここまでの苦戦は想定外という感じではあります
現時点で上位にいる富山の鈴木監督、石川の金森監督は
選手やコーチとして色々な球団に在籍しています
修羅場もたくさん経験していると思います
後藤監督がそれらの人達との差があるのは事実かと思います
ただ新潟の場合は選手だけでなく指導者についても伸び代が期待できる
ある意味化ける可能性のあるチームだと思います
私も近くに来たときには観戦したいと思っています
チーム状態も今が底でしょうから
これからチーム状態が上向いていくのを見守っていきたいと思います
K・A, 2007/05/14 9:38 PM
>K・Aさん
おっしゃる通り、新潟の弱みは、指導者の経験不足によるところが大きいように感じています。実戦のコーチ経験があるのは、アメリカ独立リーグでプレーイングコーチ経験がある根鈴さんだけですから。
ドラフトが終わり、全所属選手が決まったとき、富山の鈴木監督と石川の金森監督は選手を集めて、
「心配するな。俺がお前たちをうまくしてやる」
と言ったそうです。経験豊富な指導者だからこそ躊躇なく言える言葉かもしれません。
新潟は、指導者も選手も本当にこれからです。選手のレベルにチームごとの大差があるわけではないのですから、新潟も練習内容や意識改革でいくらでも大きく変わると感じています。
ぐっちい, 2007/05/14 10:50 PM
はじめまして。

「新潟アルビレックス KBユース」を
検索したら辿り着きました。
思わず読み入ってしまいました…。
今シーズンはまだ観戦されていないようですね。
是非、ぐっちいさんの感想を聞きたいです。
今月末、鳥屋野球場で石川戦があります。

ちなみに…
去年まで石川に在籍していた内村選手は今、楽天一軍のスタメンです。
スピカ☆, 2008/08/19 1:22 PM
>スピカ☆さん

いらっしゃいませー。
というか、こんな古いエントリーにコメントが付くとは、びっくりしました。

今年はホーム開幕戦を見に三条へ行きました。今のところ観戦したのはその1試合です。
去年とは全く違って、選手たちがノビノビと、自信を持ってプレーしているのがよく分かりました。
去年のこのエントリーの頃は、ボールが飛んでくるのを怖がっているかのような印象がありましたが、今年は全く違いますね。

内村選手は先日、ホークスの星野投手(新潟商出身)からプロ初ヒットを打ちましたね。
さすがに、去年のBCリーグで目立っていただけのことはあるなあーと。他の選手たちにとっても、いい目標になるのではないでしょうか。
ぐっちい, 2008/08/19 1:41 PM
ぐっちいさんがどういう方か考えず(他の記事を読まず)
知ったかぶりのコメントして、大変失礼しました!!

小野選手のプレーにも触れていたので舞い上がってコメント入れてしまいました。
その小野選手は今、石川で頑張っています…厳しいシーズンのようですが。

リーグも選手も、一歩一歩確実に前進して欲しいと思っています。





スピカ☆, 2008/08/19 6:44 PM
お目に留めていただきまして、ありがとうございます。
後期になってからは厳しい戦いが続いているようですが、ぜひ年間チャンピオンになってほしいですねー。
芦沢監督は、選手の心を掴むのが上手な監督さんのようですから、これからも期待してます。
ぐっちい, 2008/08/20 11:19 AM









Trackback
url: http://gucchiebooks.jugem.jp/trackback/584