暴力のないスタジアムを | ぐっちいのスポーツを読もう!
RSS | ATOM | SEARCH
暴力のないスタジアムを
NEC_0040.jpg

「安心なスタジアムをつくる会」
http://www.next-albi.net/save_swan/


まずは、こちらをクリックしてみてください。↑


天皇杯後の事件が明るみになってからというもの、こんなにアルビレックスのこれからのことを考えたことはないというくらい、考えました。
ちっとも声明を発表しない公式HP。何やってんだ、という苛立ちで一杯でした。

そして、サポーター有志の呼び掛けで、11月6日夜、新潟市内某所に約70名が集まり、約3時間、深夜まで今後の対応について話し合いました。

みんなの思いはただ一つ。


ビッグスワンを、暴力が我が物顔でまかり通るスタジアムにしてはならない。


そこで、クラブへ参加者全員の署名入りの嘆願書を提出することになりました。
翌日、代表者の岡田さん(ジジイさん)と小野さん(ミート君)が、アルビレックス新潟の中野社長に直接手渡したのですが、その際のやりとりを聞くに及んで…

呆れた。

こんなに危機管理能力のないクラブだったとは。

一番大切な選手を守ろうという意識の希薄さは、プロスポーツクラブとして致命的な欠陥としか言い様がありません。
そして、スタジアムにヒタヒタとはびこり始めている暴力の芽を摘もうという意識もない。
これでよくぞ「クリーン&セーフティー宣言」なんて立派なお題目を、恥ずかし気もなくオーロラビジョンに掲示できるものです。

このままでは、選手とサポーターが一体となって勝利へと向かう空気を、ビッグスワンで創出できなくなってしまう。この武器を手放してしまったら、新潟はおしまいです。
監督や選手に愛想をつかされるのも時間の問題でしょう。

その危機意識を持って、私たちは「安心なスタジアムをつくる会」を立ち上げました。
ビッグスワンが、暴力のない、ファミリーでも気持ちよくサッカーが楽しめるスタジアムであり続けるために。
選手たちが何の憂いもなくサッカーに打ち込める環境を守るために。


今回の前後の経緯について明記したHPを作りましたので、ぜひご覧になってください。

そして、ぜひみなさんのご意見をお寄せください。(HP内にメールフォームが掲示してあります)

アルビレックス新潟はクラブ発足以来、類い稀なスピードで右肩上がりの成長を遂げてきました。それは私たちがクラブとともに歩み、育んできた歴史の積み重ねであり、それを誇りに感じてきました。
でも、急成長の中で、私たちは一番大切なことを見失いそうになっていたのではないか?
今回の事件は、上ばかり見ようとしていた私たちの足元が、実はこんなにも脆くも危ういものだったということを改めて教えてくれたような気がしてなりません。

今動かなければ、今後に大きな禍根を残します。
今なら間に合う。今を逃したら手遅れになってしまう。

愛すべきアルビレックス新潟のこと、大好きな選手たちのこと、そして私たちサポーターのこと。
もう一度、足元をじっくりと見直してみませんか。

クラブの公式発表で終わりではない。これがスタートなのです。



【告知】
明日11月10日、FC東京戦の試合前に、ビッグスワン周辺で説明会を開催します。
代表者が今回の件について、みなさんにご説明します。

時間 12時30分
場所 スタジアム周辺の、それっぽい人が固まっているあたり(あなたの嗅覚で見つけだしてください。すぐわかると思います)
主題 HP掲載内容について、HPが閲覧できなかった方向けを中心に詳細をご説明します。

ダンマク搬入時間とサッカー講座と重なっていますが、ぜひとも一人でも多くのご参加をお待ちしております。

みんなでアルビのことを真剣に語り合い、心を新たにしてFC東京戦勝利のために向って行きましょう。
author:ぐっちい, category:アルビレックス
comments(19), trackbacks(0)
Comment
たぶん初めてコメントします。
偉そうなことがいえる立場ではありませんし、
大した力にもなれないでしょうが、意見送らせていただきました。
なおこ, 2007/11/09 3:42 PM
あかね先生とモロ被り…
でも今回の件についての方が個人的には重要なので、顔を出させて頂きます
晴れるといいですね
ponta, 2007/11/09 4:01 PM
会の趣旨に賛同し、集会に参加します。
tetsu, 2007/11/09 4:06 PM
ありがとう。
カンアファレンスに出席したこともないヘタレにとっては、今回の件に関して「何処に意見を」と思っていた中での「HP」立上げ、正直助かりました。実名で「意見」記入させてもらいました。

本件を機に「暴力のない安心なスタジアム」になることを切に望みます。
カズパパ, 2007/11/09 5:14 PM
某所も含めこんなに短期間に文字を打ち込んだのは生涯で初めてかな。

チケ代・高速代で1試合観戦で福沢翁一人が軽く跳んでいくような僻地からでも応援に行こうという家族を失わせないように。

とりあえずあちらにはカキコ。
へぎ, 2007/11/09 5:29 PM
はじめまして、いつも楽しく拝見しています。
今回の件については私もあちらにコメさせていただきました。
こうっち, 2007/11/09 6:48 PM
ぐっちい、さん。
過去に黒エビスの話でこちらにお邪魔したことのあるkenです。
たった今、「安心なスタジアムをつくる会」で、メールを送りました。
残業で毎日睡眠時間もあまりなく、疲れておりますが、久しぶりに長い文章を書きました。
しかし、アルビも大変だけど、私の好きなサッポロ(チームでなく、ビールの方)も大変なので一層応援しております。
ken, 2007/11/09 7:30 PM
午前中仕事になってしまいましたが、何とかして早く戻り、集会に参加したいと思います。

意見は早速遅らせていただきました。
ぱーしばる, 2007/11/09 9:02 PM
ソリさんのラストゲームの件といい,今回の件といい,自分のこと
しか考えられないわがままな輩に「俺たちのアルビを想う気持ち」
を傷つけられたことはすごく悔しいし,絶対に許さない!
いつまでもみんなのアルビであって欲しい。
行きますよ!集会!
とら一郎, 2007/11/09 9:24 PM
キチンと事実関係が分かって良かったです。有り難うございました。約70名様の行動に心から感謝いたします。これから意見をカキコしますし明日も必ず集会を探し出したいと思います。
ゆき, 2007/11/09 10:14 PM
趣旨に激しく賛同したので、コメント送らせていただきました。
あわせて、拙ブログにリンクさせていただきました。
(株)アルビレックス新潟は、新潟では中堅の会社なのだから、これから発展していくためには、危機管理のプロが必要だと思います。
アルビ中毒, 2007/11/10 1:51 AM
まさに、これが終わりではない。始まりですね。
なんとか、集会に参加したいと思います。
ウルトラマン=ザ・ネクスト, 2007/11/10 1:55 AM
昨晩拙い私見ですが送らせて頂きました。
体調不良の為、今日の東京戦迷っていましたが、やっぱり行きます。こんな時だからこそ選手達に会いたいので。
ようこ, 2007/11/10 6:48 AM
おはようございます。
今日こそは、選手・サポーターみんな笑顔で帰れたらいいですね。
いずある, 2007/11/10 7:26 AM
ボケしてろ
, 2007/11/10 9:01 AM
こんにちは。
嗅覚ありませんでした。(T_T)
それっぽい人達を探せませんでした。
以前、インタビューされた時に、

「暴力のない、みんなが安心して行けるビッグスワンであってほしいと思います」

このように発言した私としては、ぜひ参加したかったので、自分の嗅覚のなさにガッカリしています。

放送されたかは、知りませんが…
codino, 2007/11/10 3:01 PM
結構な人数が集まりましたね。皆「安心なスタジアムをつくる会」HPを閲覧できない人として集まったのではなく、賛同したからこそ、何とかしなければと思ったからこそ、意志を示すために集まったのだと思いました。

しかしその他処分を受けるべき人達は何をしているのでしょう?アルビが好きならさっさと出頭して処分を受けてアルビに愛を示す方法、観戦して喜びを分かち合う方法を模索すべきなのに…。それすら出来ない以上、特定された時「アルビに愛情が有るからこそバス囲んだ」とかの言い訳はして欲しくない。結局アルビが好きなのではなく、ただ騒ぎたい、暴力で示したいだけだったという認識を持たざるを得ません。

hamaさんが話している時、丁度対岸の建物入り口付近を社長がフラフラ歩いているのを遠目に見て、熱気がある場所との差異にシュールな気分になりました。しかし社長から返信こないなぁ。
ゆき, 2007/11/10 8:46 PM
意見をお送りいたしました。今回の対応ありがとうございます。これから何十年先、いや何百年先まだ、いつまでも誇りのもてて愛せるクラブを。
ぶたちょびん, 2007/11/10 11:06 PM
みなさま、ご協力ありがとうございます。
そして、集会への多数の参加、ありがとうございました。
大切なのはこれからです。しっかりとやっていきましょう。

あ、そこの変な捨てハンのキミ。
ちゃんと日本語として通じる文章を書くように。
ぐっちい, 2007/11/13 5:12 PM









Trackback
url: http://gucchiebooks.jugem.jp/trackback/927